ダイバーシティーを重視するベンチャーキャピタル企業 ーLDR Venturesー

0
140
ダイバーシティーを重視するベンチャーキャピタル企業 ーLDR Venturesー

ダイバーシティーを重視するベンチャーキャピタル企業
ーLDR Venturesー

現在ビジネスの世界では、様々なバックグラウンドを持つ人が続々起業しています。そして多岐に渡るスタートアップによって新しいサービスが登場し、日常生活にも変化が起こっています。しかし、スタートアップが成功するためには、投資家の存在は欠かせません。

今回は投資でビジネスをサポートしている、LDR Venturesの社長のDrew Koven氏にお話を伺いました。

 

会社の事業内容を教えてください。

ーLDR Venturesは、ロサンゼルスに拠点を置いているベンチャーキャピタル企業です。主な投資先はライフスタイルブランド, Eコマー

ス、ファッション、食べ物やテクノロジーなどのオムニチャンネル販売が中心です。
ダイバーシティーを促進しているため、現在投資の70%は、女性中心の企業とマイノリティー中心の企業です。そして、BizFixというポッドキャストもやっています。

このビジネスは2012年からやっていますが、チームについて教えてください。

LDR Venturesのチームには、4人のオペレーティングパートナーがいます。私たちの役割は、投資があった際にチームで話し合い、自分たちの趣旨とあっていると思ったら各業界でビジネスを営んでいる50人ほどのベンチャー指導者に情報を送り、セカンドオピニオンをもらうことです。
この指導者の方たちは、私たちがビジネスでの経験を生かして作り上げた人脈です。起業して間もない起業家を、自分たちの経験を活かして助けたいと思っているので、知り合いに声をかけています。もしポテンシャルを感じる企業であれば、早い段階で投資するケースもあります。

 

バックグランドについて教えてください。

ー私はこの10年で多数の大手消費者ブランドで幹部を務めてきました。一番最近の仕事はBeach Peopleという、ハウスファッションとビーチ会社のCEOでした。具体的には、会社をグローバル化させました。

その前はGuess Jeansのオムニチャンネルと小売とEコマースの副会長をしていました。実は私がいた頃は何千店もありましたが、私は会社ではイノベーターの役割でした。会社をデジタル世代にどうやって持っていくのかを考え、そしてお客さんがどこにいても、自社ブランドの商品を簡単に購入できるようにしました。

Melissa & Dougというおもちゃ会社では、マーケティングとデジタルメディアの責任者を担当していました。そこではEコマースとPRとSNSの発展と、1万6000個の店舗の間の関係性の管理をし、アマゾンとToys R Usとの関係を築きました。
その前は女性客をターゲットにした、世界的な靴のブランド、Steve MaddenでEコマースと顧客満足の会長をやっていました。メンズの靴専門の部門もあり、そこでは作戦を色々練りました。

まだEコマースの始まりでしたが、ブランドをオンラインに展開させることに貢献しました。そしてその前はニューヨークに進出したばかりの、インターネットで食料品の購入をサポートする会社や食品会社を手伝っていました。

私は面白いことに、主に女性客をターゲットにする会社で勤めてきました。購入するか決断する方が女性だったので、とてもダイバーシティーのある起業家と、お客さんと会長と仕事をすることができました。

 

ベンチャー起業家になろうと思ったきっかけを教えてください。

ー私のビジネスでの一番の喜びは、経験について話したり、起業家と会い人脈を紹介することによって、起業家の成功する姿を見ることです。起業家がファッション会社を始めたくて小売業者や商品を作る人とのネットワークを拡大させたい場合は、私の経験で知り合った方と繋げることによって、成功に近づけさせることができると思います。

私が若い起業家だった頃は、質問の答えを探すのが難しかったことを覚えています。それをいつも頭に入れていて、現在の私は人をサポートすることができるので、それに力を入れています。これは私にとって非常に大切なことです。

アメリカの会社にたくさん勤めた結果、会社が確立されてから問題を改善するよりは、早い段階の起業家を助けることの方が良いということがわかりました。私はこれに対して非常に熱心ですし、起業家のエネルギーが大好きです。私はもう若くないのですが、少し年上で経験があるので、普段なら解決するまで数週間か数ヶ月かかる問題を起業家と1時間話し合えば解決することができます。

 

投資するポイントを教えてください。

ーマーケットの大きさと経済状況は大切ですが、どうやってこの会社をさらによくすることができるのか、ビジネスのことを理解できているのか、そして起業家たちはやり遂げたいという気持ちがあるのかを主に見ます。さらに、チームの構成も見ます。チームに女性かマイノリティがいるのか、そして創設者が女性かマイノリティかも見ます。これは私たちにとっては非常に大切なポイントです。
ポッドキャストをやっていますが、好きなポッドキャストについて教えてください。
ー自分がやっているポッドキャストのBizFixというポッドキャストが好きです。ビジネスを始めたばかりの起業家にインタビューしているので、他の起業家がその人たちの経験をリアルタイムで聞けるのは非常に貴重だと思います。さらに、私のポッドキャストは女性やマイノリティにインタビューしいるので、女性とマイノリティならではのチャレンジや壁について話しています。それによって、ポッドキャストを聞いて勇気付けられる人はいると思います。

Drew Koven氏が、過去のバックグランドや人脈を有効利用して若い起業家、そして新しいスタートアップを、投資やポッドキャストを通して支援している姿が見えます。このような存在は今後、様々な起業家や企業が成功する大きな助けとなることでしょう。LDR Venturesのさらなる飛躍を期待したいです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here