ファッションとテクノロジーのコラボレーション

0
524

先日私が参加したInc.マガジンが主催するGrowcoコンファレンスでRebecca MinkoffのデザイナーRebecca Minkoffと、共同創立者そして兄であるUri Minkoffがゲストスピーカーで参加し、ニューヨークにあるフラッグシップ店について語った。

デザイナーのRebecca、そしてテクノロジーバックグラウンドを持つUriがお互い知識を合わせて作り出したのが、テクノロジー&ショップがコラボされたこのお店だ。

数年前にオープンしたが、今でもアメリカの最先端を行く。

店頭に入ると大きなタッチパネルスクリーンがあり、そこでお客さんは飲み物を注文。シャンペンやワインなどがありドリンクを片手にショッピングが始まる。

 そして店頭を見回っている際に試着したい服をわざわざ持ち歩く必要は無く、タッチパネルスクリーンへ行き、商品とサイズを選択するとその情報が試着室に送られ、商品を用意してくれる。

お店が混んでいる際は、電話番号を入れ、試着室の準備が出来たら携帯電話にメールが届くようになっている。

試着室に入ってからも、鏡にタッチするだけでサイズの変更、店員さん呼び出し、そして場所や時間によって試着した服がどのように見えるかの確認の為ライトの色変更をする事もできるのだ。

試着した服の情報を個人データとして保存してくれる為、個人の好みやサイズにより次回お店へ戻った時にお勧めのアイテムを紹介してもらえる。

商品購入の際は試着室の鏡をタッチしお会計も出来るので、わざわざレジまで行く必要が無い。全て試着室で終わってしまうのだ。

もちろんショップ店員のカスタマーサービスも重要だが、現代の若者はタッチパネルで操作するなどのアクティビティーをする事により、買い物がより一倍楽しくなり、お店にもう少し長く居ようという気になる。そうなる事により、お店の売り上げも上がる。

レベッカミンコフのようなテクノロジーが使われたお店がこれからどんどん増え、ショッピングがより楽しくなっていくだろう。

写真:Fortune Rebecca Minkoff Website

ビデオ:ebay Inc.

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here